Pocket

言葉とはややこしいもので、似たような意味の言葉が沢山あります。あるだけなら、良いのですが、時にどの言葉がどの意味か分からない事もありますし、間違えて意味を覚えてしまう事もあります。
そこで、今回は脱毛・除毛・剃毛について、どういった意味なのかを話してみます。

脱毛とは何か

美容における脱毛とは、毛根部分から抜き取るように処理する事です。要するに、毛を抜く事だと言えるでしょう。
脱毛サロンや、脱毛クリニックに行った時に行われるのも、光を当てて毛根から毛が抜けるようにするものですから、脱毛だと言えるでしょう。そもそも「脱毛」サロンなのですから、当たり前ですが。

また自分で毛抜きを使って、抜いたとしても、脱毛だといえます。
毛根から抜いていますから、黒いブツブツが残る事もなく、綺麗な状態が長期間続くのが特徴です。しかし、処理をする時に、痛みが生じるものも多く、クリニックなどでは、麻酔を使って痛みを抑える事もあります。
同時に痛みを感じにくい機材も増えているため、昔ほど痛いわけではなくなってきています。

脱毛のやり方次第では、以降毛が生えてこなくすることも可能です。

除毛とは何か

最も分かり難いのが、除毛と脱毛の違いだと思います。除毛とは脱毛とは違い、表面に出ている毛を取り除くことです。
イメージしやすいのが、除毛クリームを使っての、処理ではないでしょうか。
除毛クリームは脱毛クリームとも呼ばれていますが、脱毛の効果はありませんから、注意が必要です。

除毛クリームは、肌表面から出ている毛を溶かしてしまう効果がありますが、毛根にまでは作用しません。
チオグリコール酸カルシウムと言うアルカリ性の成分が含まれていて、これが毛を溶かしているのだと言います。
抜くよりも長時間維持できるわけではありませんが、普通に剃ったときよりも、次に生えてくるまでの時間は長いです。

また痛みは脱毛程ではありませんが、毛だけではなくて、肌のたんぱく質にまで作用する恐れがあり、その場合肌トラブルを引き起こして、ヒリヒリする可能性があります。

剃毛と除毛の違い

剃毛とは字を見て分かる通り、毛を剃る事です。
シェーバーや剃刀でのムダ毛処理をイメージして貰うと、分かりやすいのではないでしょうか。
表面に出ている毛を剃るわけですから、除毛の1つだともいえます。

詳しいやり方は省略しますが、多くの人がやっているムダ毛除去の方法ではないでしょうか。
ただし、剃刀負けなどの肌トラブルを引き起こす事もありますし、決して肌に優しい選択ではありません。
むしろ、肌に合うのであれば、除毛クリームの方がダメージも無く、手軽の出来るのではないでしょうか。

除毛と脱毛の違いには気を付けたい

最も間違いが多いのが、脱毛と除毛になるでしょう。
除毛クリームが、脱毛クリームとしても広まっている事が、最大の理由なのでしょう。
繰り返しになりますが、除毛クリームには脱毛効果はありませんから、覚えておいてください。