Pocket

脱毛すると言っても、様々な方法があります。そして、全ての方法が、同じレベルの効果を発揮してくれるわけではありません。例えば有名なものに光脱毛がありますが、永久脱毛はできないのだと言います。では、光脱毛とは、どういったものなのでしょうか。

光脱毛とは何か

フラッシュ脱毛とも呼ばれる光脱毛は、さらに2つに分けられます。
1つが広く知られているIPL方式と呼ばれるものです。メラニン(黒い色)に反応する光を当てて、毛根にダメージを与えて、毛が抜けるようにするものですね。

もう1つがSSC方式と呼ばれます。抑毛効果のあるジェルを施術前に塗り、光を当てることで、ジェルが肌の奥に浸透して毛の成長を抑制するものです。
IPL方式と似ているものに、レーザー脱毛があります。
細かいところを言えば、いろいろ違いはあるのですが、簡単に言うと、レーザー脱毛の方が効果が高い、と覚えておくと良いでしょう。

そのおかげで、基本的にレーザー脱毛の方が、お店の通う回数は少なくて済みます。
またIPL方式であっても、レーザー脱毛であっても、脱毛をするときには結構痛いのですが、SSC方式だとほとんど痛みがないようです。
その代わり、剛毛に関しては効果が薄いというデメリットもあります。

おすすめメンズ脱毛の口コミを見る

光脱毛では永久脱毛できない?

光脱毛の場合での脱毛では、永久脱毛とは言ってはいけない、というルールのようなものがあるそうです。
単純に光脱毛だと、威力が足りないから、充分に毛根にダメージを与えられず、毛を作る能力を完全には消すことが出来ないと言います。
さらに言ってしまえば、医療機関でなければ、永久脱毛が出来るレベルの機器が使えないという事情もあるのでしょう。

とにかく、光脱毛では、永久脱毛はできません。
永久脱毛が出来ないとはいえ、光脱毛を完了した後、数か月は生えてこないと思いますし、仮に生えてきたとしても細い毛になるなど、全く意味がないわけでもありません。
問題があるとすれば、毛を作る能力自体は残っていますから、何かのきっかけで以前のように毛が生えてくる可能性がゼロではない事です。

光脱毛で毛が全くない状態を維持しようと思ったら、脱毛終了後も半年に1回程度、サロンに通うようにした方が良いでしょう。

永久脱毛したいならサロンよりクリニック

永久脱毛をしようと思ったら、レーザー脱毛に頼るのが主流になっています。
レーザー脱毛は医療用レーザーを使いますから、前述した通り、医療機関でしか使えません。
クリニックとサロンですが、クリニックの方が医療機関、サロンが非医療機関になりますから、永久脱毛をしたければクリニックに行くようにしましょう。

ただし、レーザー脱毛をしても、あとから毛が生えてくる人もいて、こちらも絶対というわけではありません。
より効果が高いものとして、ニードル脱毛(美容電気脱毛)がありますが、この脱毛方法は、料金が高くなるうえに、痛みも大きくなります。

メンズ脱毛サロンが無意味というわけではない

永久脱毛ではないから無意味だという人もいますが、ちゃんと脱毛してしまえば、以前の姿に戻ることもそうそう起きるものではありません。
少しでも毛の処理が楽になればいい、という人にしてみれば、痛みも少なく光脱毛の方が良いのではないでしょうか。

メンズ脱毛おすすめに戻る