Pocket

脱毛をするにも、様々な方法がありますが、中でも有名なのが光脱毛(フラッシュ脱毛)ではないでしょうか。しかし、光で脱毛すると言っても、今一つどういうことかわからないという人もいるでしょう。電球の光と、光脱毛の光では、いったい何が違うというのでしょうか。

光で脱毛をする仕組みは?

光脱毛で使われる光は、メラニンに反応する光です。
メラニンとは色素の1つではありますが、人の体で色を作っているものになります。
毛が黒いのも、メラニンのせいです。光脱毛では、この毛の黒と反応する光を使っているという事ですね。

もっと詳しく話すと、毛の毛根と接している部分に光を照射して、反応させることで、熱を発します。
その熱により、毛を作っている細胞にダメージを与えることで、毛が抜けるようになるわけです。ですから、光脱毛は熱の力で脱毛をしていると言ってもいいかもしれませんね。

当然熱いですし、毛が濃く反応が大きくなれば、熱さも増しますから痛いです。
男性だと、髭脱毛をするときには、結構な痛みを感じるかもしれません。
メラニンに反応しますから、日焼けはNGです。肌のメラニンと反応して、上手く効果が現れないだけではなく、関係のないところを火傷する可能性が出てきます。

またこの方法自体はレーザー脱毛と、あまり変わらないのですが、威力が違います。

光脱毛のメリットとデメリット

光脱毛について分かったところで、簡単にメリットとデメリットをあげていきます。
光脱毛のメリットは、1回当たりの料金が他の脱毛に比べて安くなることが1つ挙げられるでしょう。
特に男性に多い都度払いで脱毛をする人にとっては、セットの料金よりも、1回ごとの料金の方が重要になります。

それから、痛みが少ないというのもポイントです。
光脱毛なら、全く痛くないわけではありませんが、そのほかの方法だとさらに痛みは増してしまいます。
麻酔も準備されているレベルですから、痛みに弱い人は光脱毛を選んでおいた方が良いでしょう。

デメリットですが、光脱毛では永久脱毛をすることが出来ません。
詳しい事は光脱毛は永久脱毛できないの?を見てもらった方が良いですが、簡単に言えば、威力が足りないからですね。
それから、お店の通う回数がどうしても多くなってしまいます。

回数が多くなるという事は、それだけお金もかかりますから、総額として見た場合特別安いという事もなくなるでしょう。

光脱毛で脱毛してしまっていいのか

有名な脱毛方法として、光脱毛以外だとレーザー脱毛やニードル脱毛などがあります。
他にも脱毛方法はありますし、光脱毛で脱毛をしてしまっていいのか、不安に思う人もいるのではないでしょうか。

効果だけで見たら、ニードル脱毛が最も高いですし、コスパなども鑑みるとレーザー脱毛が良いという人もいます。
ですが、こればかりは人それぞれです。
上記で挙げたメリットとデメリット、どちらを重く見るかによって、光脱毛して良いかどうかを考えるといいでしょう。

効果があるから有名になる

確かにレーザー脱毛やニードル脱毛と比べると、脱毛力が低い光脱毛ですが、有名になるだけの効果はあります。
いくつかの側面を見て、自分に合った脱毛方法を探してみましょう。