Pocket

脱毛をするにも、様々な方法がありますが、中でも有名なのが光脱毛(フラッシュ脱毛)ではないでしょうか。しかし、光で脱毛すると言っても、今一つどういうことかわからないという人もいるでしょう。電球の光と、光脱毛の光では、いったい何が違うというのでしょうか。

光脱毛とは何か

フラッシュ脱毛とも呼ばれる光脱毛は、さらに2つに分けられます。
1つが広く知られているIPL方式と呼ばれるものです。メラニン(黒い色)に反応する光を当てて、毛根にダメージを与えて、毛が抜けるようにするものですね。

もう1つがSSC方式と呼ばれます。抑毛効果のあるジェルを施術前に塗り、光を当てることで、ジェルが肌の奥に浸透して毛の成長を抑制するものです。
IPL方式と似ているものに、レーザー脱毛があります。
細かいところを言えば、いろいろ違いはあるのですが、簡単に言うと、レーザー脱毛の方が効果が高い、と覚えておくと良いでしょう。

そのおかげで、基本的にレーザー脱毛の方が、お店の通う回数は少なくて済みます。
またIPL方式であっても、レーザー脱毛であっても、脱毛をするときには結構痛いのですが、SSC方式だとほとんど痛みがないようです。
その代わり、剛毛に関しては効果が薄いというデメリットもあります。

光で脱毛をする仕組みは?

光脱毛で使われる光は、メラニンに反応する光です。
メラニンとは色素の1つではありますが、人の体で色を作っているものになります。
毛が黒いのも、メラニンのせいです。光脱毛では、この毛の黒と反応する光を使っているという事ですね。

もっと詳しく話すと、毛の毛根と接している部分に光を照射して、反応させることで、熱を発します。
その熱により、毛を作っている細胞にダメージを与えることで、毛が抜けるようになるわけです。ですから、光脱毛は熱の力で脱毛をしていると言ってもいいかもしれませんね。

当然熱いですし、毛が濃く反応が大きくなれば、熱さも増しますから痛いです。
男性だと、髭脱毛をするときには、結構な痛みを感じるかもしれません。
メラニンに反応しますから、日焼けはNGです。肌のメラニンと反応して、上手く効果が現れないだけではなく、関係のないところを火傷する可能性が出てきます。

またこの方法自体はレーザー脱毛と、あまり変わらないのですが、威力が違います。

光脱毛のメリットとデメリット

光脱毛について分かったところで、簡単にメリットとデメリットをあげていきます。
光脱毛のメリットは、1回当たりの料金が他の脱毛に比べて安くなることが1つ挙げられるでしょう。
特に男性に多い都度払いで脱毛をする人にとっては、セットの料金よりも、1回ごとの料金の方が重要になります。

それから、痛みが少ないというのもポイントです。
光脱毛なら、全く痛くないわけではありませんが、そのほかの方法だとさらに痛みは増してしまいます。
麻酔も準備されているレベルですから、痛みに弱い人は光脱毛を選んでおいた方が良いでしょう。

デメリットですが、光脱毛では永久脱毛をすることが出来ません。
詳しい事は光脱毛は永久脱毛できないの?を見てもらった方が良いですが、簡単に言えば、威力が足りないからですね。
それから、お店の通う回数がどうしても多くなってしまいます。

回数が多くなるという事は、それだけお金もかかりますから、総額として見た場合特別安いという事もなくなるでしょう。

光脱毛で脱毛してしまっていいのか

有名な脱毛方法として、光脱毛以外だとレーザー脱毛やニードル脱毛などがあります。
他にも脱毛方法はありますし、光脱毛で脱毛をしてしまっていいのか、不安に思う人もいるのではないでしょうか。

効果だけで見たら、ニードル脱毛が最も高いですし、コスパなども鑑みるとレーザー脱毛が良いという人もいます。
ですが、こればかりは人それぞれです。
上記で挙げたメリットとデメリット、どちらを重く見るかによって、光脱毛して良いかどうかを考えるといいでしょう。

光脱毛では永久脱毛できないって本当?

脱毛すると言っても、様々な方法があります。そして、全ての方法が、同じレベルの効果を発揮してくれるわけではありません。例えば有名なものに光脱毛がありますが、永久脱毛はできないのだと言います。

光脱毛では永久脱毛できない?

光脱毛の場合での脱毛では、永久脱毛とは言ってはいけない、というルールのようなものがあるそうです。
単純に光脱毛だと、威力が足りないから、充分に毛根にダメージを与えられず、毛を作る能力を完全には消すことが出来ないと言います。
さらに言ってしまえば、医療機関でなければ、永久脱毛が出来るレベルの機器が使えないという事情もあるのでしょう。

とにかく、光脱毛では、永久脱毛はできません。
永久脱毛が出来ないとはいえ、光脱毛を完了した後、数か月は生えてこないと思いますし、仮に生えてきたとしても細い毛になるなど、全く意味がないわけでもありません。
問題があるとすれば、毛を作る能力自体は残っていますから、何かのきっかけで以前のように毛が生えてくる可能性がゼロではない事です。

光脱毛で毛が全くない状態を維持しようと思ったら、脱毛終了後も半年に1回程度、サロンに通うようにした方が良いでしょう。

永久脱毛は一生毛が生えなくなるものではない!?

永久脱毛と言えば、脱毛が終わった以降は2度とムダ毛が映えずに、ムダ毛処理が必要なくなるというものを想像するのではないでしょうか。
そういった事も起こるかもしれませんが、実は定義としては、そういうものではありません。
電気脱毛協会では「脱毛施術後1か月で、毛の再生率が20%以下である事」となっていますし、アメリカの政府機関FDAの定義では、「脱毛施術を3回行った6か月後に、67%以上の毛が減っている事」とされています。

つまり永久脱毛とは、永久に毛が生えてこなくなるものではなく、毛が少なくなるものだと考えておいた方が良いでしょう。
そもそも「永久」という名前を付けつつ、最初から一生効果が続くとは考えられていなかったようです。
また、日本では永久脱毛が認められているのは、医療機関に限られていて、サロンでの永久脱毛はないと言えます。

おすすめのメンズ脱毛を比較しています

なぜ毛が生えにくくなるの?

「永久脱毛をすると、毛が詰まってにおいがするようになる」とネットで見かけたことがありますが、実際にはそんなことはないです。
永久脱毛と言われるのは、ニードル脱毛とレーザー脱毛で、直接毛穴に針を刺すのか、メラニンに反応する光を当てるのかの違いはありますが、毛根にダメージを当たることで毛が抜けて、生えにくくするのが、永久脱毛です。
毛を作る器官を破壊しますから、生えにくくなるというのは、想像できるでしょう。

脱毛とは毛を抜くものでありますし、実際毛が抜けますので、詰まってにおいがするという事はないです。脱毛効果としては、ニードル脱毛が最も高く、レーザー脱毛の方が低くはなりますが、料金はレーザーの方が圧倒的に安く、施術時間も短いため、ニードルよりもレーザーの方をお勧めしておきます。

メンズ脱毛クリニックで永久脱毛はできるのか

まず脱毛サロンは、医療機関ではありませんから、永久脱毛が出来ません。
代わりにサロンで行われている、光脱毛は、「不再生脱毛」というらしいです。
それで、男性が永久脱毛が出来るかですが、クリニックがレーザー脱毛器を採用していたら出来るでしょう。

横浜中央クリニックや、ゴリラクリニックなどは、レーザーを使っていますから永久脱毛だと言えますのでおすすめです。
その他の医院であっても、事前にホームページなどで調べておけば、レーザー脱毛かどうかはわかるでしょう。
ただし、男性は毛が濃い分、痛みも強いとされます。覚悟をしておきましょう。

永久脱毛したいならサロンよりクリニック

永久脱毛をしようと思ったら、レーザー脱毛に頼るのが主流になっています。
レーザー脱毛は医療用レーザーを使いますから、前述した通り、医療機関でしか使えません。
クリニックとサロンですが、クリニックの方が医療機関、サロンが非医療機関になりますから、永久脱毛をしたければクリニックに行くようにしましょう。

ただし、レーザー脱毛をしても、あとから毛が生えてくる人もいて、こちらも絶対というわけではありません。
より効果が高いものとして、ニードル脱毛(美容電気脱毛)がありますが、この脱毛方法は、料金が高くなるうえに、痛みも大きくなります。

レーザー脱毛で起こりうることとは?

何をするにもリスクというものは存在します。ただ道を歩いていても、車が突っ込んでくるかもしれません。ですから、安全と言われている方法でも、何かしらリスクがある事は頭に入れておきたいです。そこで今回は、レーザー脱毛のリスクやデメリットを、見ていきましょう。

レーザー脱毛とは何か

まずはレーザー脱毛について、簡単に説明していきます。
レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛と似たようなもので、メラニンに反応する光を毛根に届くようにあてることで、光と毛が反応して熱を帯びさせるものです。
その熱で毛を作りだす毛根に、ダメージを与えることで、毛が抜けて、生えにくくなります。

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の違いは、大雑把に言ってしまえば出力ですね。
レーザー脱毛の方が出力が大きく、高い脱毛効果を期待できます。
ですが、毛根という体の一部にダメージを与えますから、痛さもあります。

レーザーの方が威力が高い分、この痛みに対してもフラッシュよりも上だと言えるでしょう。
現在では、痛みを軽減するように作られた医療用レーザーも多いですが、まずこの痛みがレーザー脱毛における大きなデメリットだと言えます。

レーザー脱毛でやけどの危険性がある

レーザー脱毛でよく見かけるトラブルや危害が、火傷になるという事ではないでしょうか。
毛と光が反応して、熱を発するわけですから、加減を間違えれば、充分に火傷になる可能性はありますよね。
また、メラニンに反応しますから、照射部分にほくろがあると、その部分を火傷してしまう恐れがあります。

これは日焼けした肌も同様です。そのため、レーザー脱毛をするときには、日焼けをしていないようにしないといけません。
ほくろに関しては、保護シールなどを貼るので、気にする必要はないようです。
日焼けに関してはどうしようもないとはいえ、脱毛器を使う人が未熟でなければ、出力を間違えることもないでしょうし、的確に毛根に照射してくれるはずですから、良い脱毛クリニックを選ぶことで、火傷の可能性を下げることが出来ます。

また日焼けしている人が来た時に、照射は無理だとはっきり言ってくれるところの方が、信頼できるでしょう。

レーザー脱毛をして毛が増えた?

レーザー脱毛でたまに言われるのが、施術後毛が太くなったように感じると言ったものです。
実際レーザー脱毛が原因で、毛が太くなったり、毛が増えたりすることもあるようですね。
現状はっきりとした原因は分かっていませんが、考えられるものとしては、レーザーの照射の仕方が悪かったことでしょう。

毛穴に刺激を与えられても、出力不足で程よい刺激止まりになり、その刺激により細胞分裂が促されて、毛が増えると言った感じですね。
この辺りも、機材を使う側の裁量になりますから、サロンやクリニック選びが重要がになるでしょう。

メンズ脱毛クリニックは慎重に選びたい

機械を使う側の人間のレベルは、脱毛において大切な要素です。
そのため、出来るだけ、クリニック選びに時間をかけてより良いところに行くようにしましょう。機械の使い方だけではなく、接客なども変わってくると思いますから、快適に脱毛をするためにも、最初の1歩を面倒くさがらないようにしてください。

メンズ脱毛サロンが無意味というわけではない

永久脱毛ではないから無意味だという人もいますが、ちゃんと脱毛してしまえば、以前の姿に戻ることもそうそう起きるものではありません。
少しでも毛の処理が楽になればいい、という人にしてみれば、痛みも少なく光脱毛の方が良いのではないでしょうか。