Pocket

メンズ脱毛で見ると、まだまだ全国に広まっているとはいいがたいですが、その数は増えていますよね。しかし、脱毛は医療行為だとしたら、そんなに簡単に増えるものなのでしょうか。それに、医療行為なら保険が効きそうだと思いませんか。

脱毛と医療の関係とは?

脱毛と医療の関係ですが、脱毛の一部が医療行為に当たると言った感じになるでしょうか。
全ての脱毛が、医療行為になるわけではありませんから、エステサロンなんかでも、脱毛をすることが出来るというわけです。
具体的な話になりますが、脱毛の方法としてよく名前が挙がる「フラッシュ脱毛」と「レーザー脱毛」ですが、フラッシュ脱毛が非医療行為、レーザー脱毛が医療行為になります。

どちらも、メラニンに反応する光をあてることで、毛根にダメージを与えるというのは変わりませんが、レーザー脱毛の方が威力が高くなっています。
その分、脱毛効果が高くなりますが、怪我などのリスクも高まるそうです。
お店に行ってしてもらう脱毛としては、あとニードル脱毛がありますが、ニードル脱毛も医療行為になります。

医療行為ですが、クリニックなど医療機関でしか、受けることが出来ませんから、覚えておくと良いでしょう。

メンズ脱毛おすすめに戻る

医療脱毛とはどういうものを言うのか

なぜ脱毛=医療と考えるのかと言えば、「医療脱毛」があるからでしょう。
医療脱毛ですが、平たく言えばレーザー脱毛のことを言います。
医療機関でしか受けることが出来ない医療行為で、中でも一般的なものがレーザー脱毛だから、レーザー脱毛=医療脱毛になったのでしょう。

そのため、医療脱毛が特別すごい脱毛方法だというわけでもありません。
詳しくはレーザー脱毛ってどういった脱毛なのかを見てもらった方が良いですが、フラッシュ脱毛と違って、永久脱毛をすることが出来ます。
単純にフラッシュ脱毛では、得旧脱毛と呼べるだけの効果が出せるほど、威力が大きくないからですが、それ以外にも違いはあります。

またレーザー脱毛だからこそ、起こりうる危険というものについてはレーザー脱毛で起こりうることとは?を見てみてください。

メンズ脱毛で保険が適応されるのか

医療行為なら、保険が適応されるのではないかと考える人もいるかもしれません。
3割負担であれば、仮に10万円かかったとしても、3万円になるわけですから、使えるなら大きな節約になりますが、通常保険は適応されません。

保険が適応されるのは、病気や怪我に対する事になるそうで、脱毛は毛を抜いているだけですから、どちらの治療でも診断でもありませんよね。
見た目を良くするものですから、ある意味美容整形と同じと考えるとわかりやすいでしょうか。
ただし、一応例外はありまして、多毛症など病気の治療の一環として脱毛をする場合には、保険が適応されます。

どうしても、安く脱毛をしたいというのであれば、少しでも安く脱毛を終わらせたいときはどうするの?を覗いてみてください。

医療行為になるものもある

脱毛と医療は、近いような、少し違うようなと言った感じで覚えてしまっていいかもしれません。レーザーやニードルは医療行為だと覚えておいて、医療機関でもないところがやっていた場合に、お店を避けるようにしておけばいいでしょう。

おすすめメンズ脱毛の口コミを見る