Pocket

脱毛をしたいと思っても、その流れが分からないと、なかなか始められないという人もいるのではないでしょうか。
脱毛と言っても、様々な部位がありますから、今回はメンズ脱毛の中でも特に人気がある、髭脱毛について、その流れを説明していきます。

髭脱毛における無料カウンセリング

脱毛店で脱毛をしてもらう場合、まず無料カウンセリングを受けることになります。
お店によっては、そのままテスト照射や脱毛体験がありますから、行ってみたいお店がどうなっているのかを調べておきましょう。
カウンセリングでは、脱毛に対する疑問に答えてくれますし、どのようにしたいのかなどの話もします。

カウンセリングでの、注意点は無料カウンセリングで気を付けておきたい事にまとめてありますので、確認しておいてください。
カウンセリングの後、照射テストなどを行います。
髭脱毛は痛みを伴いますから、耐えられるかどうかなど、しっかりと確認しておきましょう。

それから契約をするかどうかになりますが、髭をデザインしたい場合には、ここで決めてしまうことが多いようです。
もしも契約したくないと思ったときには、そのまま帰ることもできます。

照射当日の流れ

テスト照射後、1週間ほど様子を見て、問題がなければ、来店予約を入れてお店に向かいます。
お店に行くときには、髭をしっかり剃ってから行くようにしましょう。
剃り残しがあると、無料で剃ってくれるところ、有料で剃ってくれるところ、剃らずに脱毛してくれないところがあります。

行くお店がどれに相当するのかを調べておいて、万が一が無いようにしておきたいですね。
お店に行ったら、またテスト照射をします。それで、その日の出力を決めるのだと言います。
それから、本照射になりますが、髭脱毛だからと言って他の脱毛と変わるところはありません。

強いて言うなら、目に近いところになりますから、ゴーグルのようなものをしてから脱毛をします。あとは、他の部位に比べると、毛が密集している分、痛みが大きいです。
鼻下と顎くらいであれば、10分ほどで照射は終了します。

照射後は軟膏を塗って、術部を冷やします。
人にもよるとは思いますが、30分くらい冷やすこともあるそうです。
その後は、お店によって術後診察をしてくれるところもありますが、次回の予定を決めてから帰るようになります。

脱毛は帰ってからも終わらない

家に帰ってから、まだ火照りがあるようでしたら、冷やすようにしてください。
1日もすれば、赤みは引いていきますが、24時間以上たっても赤みが引かなかったり、他に異常が出たりしたら、連絡するようにしましょう。
国民生活センターには美容医療サービスでのトラブルが多数報告されているので、甘く見ないようにしましょう。
また術後はできるだけ、髭部分を温めないようにしてください。

お酒を飲んだり、運動したりするのは、当日は止めておいた方が良いですし、入浴も注意が必要です。
髭の場合、すぐに毛が抜けるというものではなく、2~3日で濃い髭が生えてきて、10日後くらいで、抜けるようになります。
2週間ほどで、綺麗に抜けると考えておくと良いでしょう。

あとは何度も繰り返す

脱毛は1回で終わるものではありません。特に髭は、毛が濃い部分ですから、通う回数も多くなるでしょう。
デザイン髭について軽く触れましたが、髭をすべて剃ってしまいたくないという人はメンズ脱毛で残る毛をデザインしようにも目を通してみてください。