Pocket

何をするにもリスクというものは存在します。ただ道を歩いていても、車が突っ込んでくるかもしれません。ですから、安全と言われている方法でも、何かしらリスクがある事は頭に入れておきたいです。そこで今回は、レーザー脱毛のリスクやデメリットを、見ていきましょう。

レーザー脱毛とは何か

まずはレーザー脱毛について、簡単に説明していきます。
レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛と似たようなもので、メラニンに反応する光を毛根に届くようにあてることで、光と毛が反応して熱を帯びさせるものです。
その熱で毛を作りだす毛根に、ダメージを与えることで、毛が抜けて、生えにくくなります。

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の違いは、大雑把に言ってしまえば出力ですね。
レーザー脱毛の方が出力が大きく、高い脱毛効果を期待できます。
ですが、毛根という体の一部にダメージを与えますから、痛さもあります。

レーザーの方が威力が高い分、この痛みに対してもフラッシュよりも上だと言えるでしょう。
現在では、痛みを軽減するように作られた医療用レーザーも多いですが、まずこの痛みがレーザー脱毛における大きなデメリットだと言えます。

レーザー脱毛でやけどの危険性がある

レーザー脱毛でよく見かけるトラブルや危害が、火傷になるという事ではないでしょうか。
毛と光が反応して、熱を発するわけですから、加減を間違えれば、充分に火傷になる可能性はありますよね。
また、メラニンに反応しますから、照射部分にほくろがあると、その部分を火傷してしまう恐れがあります。

これは日焼けした肌も同様です。そのため、レーザー脱毛をするときには、日焼けをしていないようにしないといけません。
ほくろに関しては、保護シールなどを貼るので、気にする必要はないようです。
日焼けに関してはどうしようもないとはいえ、脱毛器を使う人が未熟でなければ、出力を間違えることもないでしょうし、的確に毛根に照射してくれるはずですから、良い脱毛クリニックを選ぶことで、火傷の可能性を下げることが出来ます。

また日焼けしている人が来た時に、照射は無理だとはっきり言ってくれるところの方が、信頼できるでしょう。

レーザー脱毛をして毛が増えた?

レーザー脱毛でたまに言われるのが、施術後毛が太くなったように感じると言ったものです。
実際レーザー脱毛が原因で、毛が太くなったり、毛が増えたりすることもあるようですね。
現状はっきりとした原因は分かっていませんが、考えられるものとしては、レーザーの照射の仕方が悪かったことでしょう。

毛穴に刺激を与えられても、出力不足で程よい刺激止まりになり、その刺激により細胞分裂が促されて、毛が増えると言った感じですね。
この辺りも、機材を使う側の裁量になりますから、サロンやクリニック選びが重要がになるでしょう。

メンズ脱毛クリニックは慎重に選びたい

機械を使う側の人間のレベルは、脱毛において大切な要素です。
そのため、出来るだけ、クリニック選びに時間をかけてより良いところに行くようにしましょう。機械の使い方だけではなく、接客なども変わってくると思いますから、快適に脱毛をするためにも、最初の1歩を面倒くさがらないようにしてください。